斯大精密(大連)有限公司
斯大精密(大連)有限公司
中国语 | SITEMAP
  • 製品情報Product display
部門紹介 / Product display

ホーム>製品情報>部門紹介

機械部門紹介

 スター精密の工作機械製造の歴史は、自社で部品を加工するために自ら部品用加工機を製造したことに始まりました。  

 スター精密のマシンは、「ユーザーが、ユーザーのためにつくるマシン」の考えのもとに生み出されています。グローバル展開は、1962年の自動旋盤のイギリス向け輸出に端を発し、現在では欧米をはじめ、世界の生産拠点として注目を集めるアジアでも生産・販売・サービス体制を構築しています。

 また、独自の新世代最適制御技術であるスターモーションコントロールシステムを開発するなど最新の技術をもって常にユーザーニーズに応えています。

 スター精密の工作機械は主にスイス型自動旋盤(別名、主軸移動型自動旋盤)と呼ばれる高精度で小型の精密部品加工に適したタイプです。このタイプの工作機械は、元々は腕時計部品を大量に生産するために考察されたものですが、近年では自動車部品のほか、デジタル機器、医療部品の加工へとその利用範囲は広がってきています。高機能化が進む自動車、小型化が進むデジタル機器など各種先端製品ではその製品で使用する部品についても、高精度で小型の部品が必要とされています。スター精密の工作機械はまさに現在の先端製品の加工ニーズに応える製品なのです。また、スイス型自動旋盤以外にも、小物精密部品用のターニングセンターや主軸固定型自動旋盤など、従来の枠にとらわれない製品を開発し、CNC旋盤の総合メーカーとして幅広いラインアップの製品を提供しています。